沖縄県宜野湾市の沖縄国際大学構内に米軍普天間飛行場所属のCH53D大型輸送ヘリが墜落・炎上してから13日で15年を迎えた。同大主催の集いは、焼けたアカギの残る現場跡地で、発生時刻が近づく午後2時ごろから始まった。