京都大学が保管している琉球人の遺骨の返還訴訟をを巡り、日本人類学会(篠田謙一会長)は15日までに、古人骨は国民共有の文化財として保存・継承され、研究に供与されるべきだなどとする資料管理の3原則をまとめ、原則に沿った対応を求める要望書を京都大側に提出した。