沖縄県沖縄市の「ノア動物病院」の謝花久美子代表取締役(55)はこのほど、沖縄こども未来プロジェクトに20万円を寄付した。2016年にも同プロジェクトに12万円を寄付している謝花さんは「子どもたちはみんな一人一人かけがえのない存在だと伝えたい」と語る。

沖縄こども未来プロジェクトに20万円を寄付したノア動物病院の謝花久美子さん(右)と、夫の喜英さん=沖縄市知花・ノア動物病院

 以前から海外の子どもたちへの寄付活動を続けているという謝花さんは、15年度の県の調査で、子どもの相対的貧困率が全国平均の2倍の29・9%だったことに衝撃を受けた。自身も10代のころに貧しい思いをした経験もあり、「少しでも力になれれば」という思いから、同プロジェクトに寄付した。

 謝花さんは「子どもたちがこれからの沖縄を支えていく存在になると信じている。このプロジェクトでの活動を通して、地域のつながりを持てる社会になっていければうれしい」と笑顔で語った。