国土交通省などは、道路沿いの無料休憩施設「道の駅」の海外普及に取り組んでいる。近年は地域住民や観光客でにぎわう場所として海外にも知られており、現地に施設整備や運営のノウハウを提供し、地元経済の振興や雇用創出に活用してもらう狙いだ。 道の駅は国交省が登録、自治体や民間企業などが運営する。