高齢社会を迎え、国内の死亡率は右肩上がりだ。国会では今年6月に死因究明推進基本法が成立し、地方自治体の責務として「地域の状況に応じた施策の実施」を定めた。