夏休み明けを前に「#不登校は不幸じゃない」と題したイベントが18日、南風原町文化センターで開かれた。不登校経験のある人と親計4人が体験とともに「学校に行けなくても将来は大丈夫」「生きていれば未来は見えてくる」と伝え、約40人が耳を傾けた。

親や子としての不登校経験を語ったイベントの参加者=18日、南風原町文化センター

 小学3年から中学3年の2学期まで学校に行けなかった志堅原京子さん(41)は、学校に行こうとすると吐いてしまう「地獄のような」日々を送った。体重が20キロを下回るほど苦しんだが、原因は分からない。「人に気を遣う敏感な子どもだったから」と今は思う。「一からやり直したい」と考えるようになった時、7年間続いた嘔吐(おうと)が止まった。「どんなに周りが行かせようと思っても行けない時は行けない。心が成長した時に行けるようになる」と語った。

 盛島楓さん(22)は、いじめが原因で小学3年から中学2年まで不登校になった。「体調が悪い」と理由をつけて欠席する自分を責めていたが、ある日母親から「行きたくなければ行かなくていい」と言われ、「家にいていいんだ」とほっとしたという。盛島さんは現在、コスメショップのオーナー。「生きていれば未来が見えて次の段階に進める。本人が挑戦したいことを経験させてほしい」と呼び掛けた。

 小学6年の娘が不登校の女性(44)は当初、頑張れば解決できると「あの手この手で無理やり登校させた」と振り返る。だが、娘は学校に行くたびに発熱。他の体験者らとつながりを持つようになると、「私も生きやすく、娘も笑顔が増えた」と言い、今は「娘は幸せと言うようになった。この経験は私たちの糧になる」と前を向いた。

 イベントは全国一斉企画の一環。沖縄では盛島さんの母・美奈子さん(48)が中心となって開いた。