国土交通省は19日、羽田発北京行きの全日空963便ボーイング787が15日夜、北京の北東約140キロの上空約5500メートルで機体が揺れ、乗客2人と客室乗務員2人が負傷したと明らかにした。全日空によると、このうち60代の女性客が右足甲の骨折。トイレに並んでいる最中に転倒したとみられる。

 ほかにトイレ内にいた50代の女性が腰に軽いけがをし、客室乗務員2人も捻挫などの軽傷。当時は、シートベルトの着用サインが出ていた。

 機体はそのまま北京に着陸。現地の病院で19日に、乗客の骨折が判明した。(共同通信)