沖縄タイムス+プラス プレミアム

昭和天皇、無条件降伏「いや」 軍部の暴走は「下剋上」 初代宮内庁長官の拝謁記

2019年8月20日 14:00

 初代宮内庁長官だった故田島道治の昭和天皇との「拝謁(はいえつ)記」には、昭和天皇が戦前の軍部の暴走を「下剋上」とたびたび批判する記述がある。一方終戦の決断が遅れたことには「無条件降伏は矢張りいや」だったと漏らしていた。

前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気