全国でホテルや旅館などを展開するカトープレジャーグループ(加藤友康代表取締役兼CEO)傘下のKPGホテル&リゾート(読谷村、田中正男社長兼COO)は19日、恩納村の「カフーリゾートフチャク・コンドホテル」の敷地内に新棟の建設を始めた。新たに全77室を設ける。2021年春の完成予定。

くわ入れする(左から)上門工業の上門信孝代表、カトープレジャーグループの加藤友康代表取締役兼CEO、建築計画研究所の根津嗣郎代表=19日、恩納村

 新棟は地下1階、地上9階建てで、敷地面積は8705平方メートル、延べ床面積は1万468平方メートル。客室は55~100平方メートル超となっている。「水(アクア)」をコンセプトに、プールを併設した客室や、夕日を眺望できるオープンガーデンなどを設ける。宿泊価格は1室3万円超を想定している。

 加藤氏は「リピーターなど多くのお客さまに満足してもらうため、進化し続けるホテルを目指したい。地域に根ざしたホテル運営を心掛け、将来的には県内で千室を展開したい」と語った。