県人事課は19日、パワーハラスメントやセクシュアルハラスメントをしたとして、職員3人を懲戒処分にしたと発表した。

(資料写真)沖縄県庁

 文化観光スポーツ部の50代男性職員は石垣市内の前所属部署で2017年中頃から18年7月ごろにかけて部下職員に対して人格や能力を否定する発言などのパワハラ行為を行ったとして、減給10分の1(1カ月)とした。また、このパワハラ行為を防止できなかったとして、当時、男性職員の管理監督責任者だった保健医療部の50代男性を戒告処分とした。

 農林水産部八重山農林水産振興センターの60代男性は、19年5月17日の業務時間内に執務室内のノートパソコンでアダルトDVDを視聴。女性の非常勤職員に対して同DVDを視聴させ、両肩に触れるセクハラ行為を行ったとして停職3カ月とした。男性職員は7月8日付けで退職届を提出しており、8月16日に退職を発令した。