沖縄タイムス+プラス ニュース

米軍基地問題、全国で共有を 玉城沖縄知事 名古屋の河村市長に訴え

2019年8月21日 08:33

 玉城デニー知事は20日、名古屋市役所で河村たかし市長と会談し、米軍基地問題や日米地位協定の改定などを全国で共有するよう協力を求めた。

河村たかし名古屋市長(右)に市内でシンポジウムを開いたことを報告する玉城デニー知事=20日、名古屋市役所

 国内法が米軍に原則適用されないなどの問題点も説明した。

 知事は19日に名古屋市公会堂で全国キャラバンのシンポジウムを実施し、「パネルディスカッションで、国民全体で意識を持たないといけないと意見をいただいた」と報告した。

 河村氏は「名古屋で応援させていただくことがあれば、やりましょう」と応じた。愛知県内の企業の沖縄進出など、経済交流にも期待感を示した。

 知事は愛知県の青山桂子副知事と県庁で会い、沖縄の基地問題への理解を求めた。

 
前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気