JAおきなわ(那覇市、普天間朝重理事長)は20日、県内のJAファーマーズマーケットやAコープで、シークヮーサー果汁を粉末化した新商品「ヒラミン」の発売を始めたと発表した。

JAおきなわが20日に発売した顆粒タイプのシークヮーサー「ヒラミン」=20日、那覇市のJA会館

 従来の液体タイプは、加工品への用途が限られていたが、粉末化で料理や菓子など幅広い加工品に取り入れやすくした。シークヮーサーの風味も豊かで、肉や魚料理の臭みを抑えられるという。

 県内の量販店でも順次販売を始める。一般向けだけでなく、業務用にホテルや食品メーカー、飲食店などにも販売する。既に、県内数カ所のホテルや県外の菓子メーカーから問い合わせがあり、宿泊客に提供する料理などに使われる予定。今後は、県外の量販店やクルーズ船への提供を目指す。

 1包3グラムで参考小売価格は3包入り250円(税別)、30包入り1980円(同)。初年度の売り上げ目標は3千万円。

 JAおきなわ特産加工部の上原正重調査役は「ホテルの客室などに置いて、コーヒーやお茶代わりとして、観光客にも楽しんでもらいたい」と話した。