初代宮内庁長官を務めた故田島道治が昭和天皇とのやりとりを記録した「拝謁記」の中で、日本国内で1950年代に基地反対闘争が激化したことに否定的な考えを示していたことについて、石原昌家沖縄国際大学名誉教授に聞いた。