戦後、初代の宮内庁長官を務めた故田島道治が昭和天皇とのやりとりを記した「拝謁記」では、昭和天皇が沖縄について言及した部分もある。