文部科学省は10日までに、国立大への2019年度運営費交付金の一部を傾斜配分する比率を公表した。今回から、教育研究や経営改革の成果を相対的に評価する方式を導入。若手研究者率の観点で、全国86大学のうち24大学が増額評価を受けた。琉球大学は、90%の減額評価となった。