日本航空(JAL)は21日、那覇と羽田を結ぶ路線に2020年2月1日から、欧州航空機大手エアバスの新型機材「A350-900型機」(総座席数369)を初めて導入すると発表した。