子どもら1788人を乗せた学童疎開船「対馬丸」が米軍の魚雷で撃沈してから75年を迎えた22日、那覇市若狭の慰霊碑「小桜の塔」で慰霊祭が開かれ、遺族ら約400人以上が家族への思いを胸に集まった。