安倍政権は韓国への厳しい世論を追い風に、外交交渉で一歩も引かない構えだ。河野太郎外相は21日の日韓外相会談で、輸出規制強化を巡る韓国の抗議を受け付けなかった。元徴用工問題については、韓国が自らの手で事態を打開するよう重ねて求めた。韓国の康京和外相もかたくなで、会談は物別れに終わった。「嫌韓」世論を背景とした関係悪化の影響は、日韓を結ぶ航空便の減便を招き、観光や市民交流にも及びつつある。