気象庁によると、大型の台風第11号 (バイルー)は、23日午前6時にはフィリピンの東の北緯18度5分、東経126度55分にあり、時速約20キロで北北西へ進んでいる。

情報通信研究機構「ひまわりリアルタイムWeb」より

台風11号の進路予想図(気象庁HPから)

情報通信研究機構「ひまわりリアルタイムWeb」より 台風11号の進路予想図(気象庁HPから)

 沖縄気象台によると、台風は23日午前3時ごろに最大風速25メートルを観測、暴風域を伴った。同午後9時ごろには、中心から半径110㌔で暴風となると予想している。今後台風は、台湾方面に向けて進む。石垣島への最接近は24日朝、与那国島は同昼前となる見込み。強風域には入るが、暴風域にはかからないという。

 中心の気圧は985ヘクトパスカル、最大風速は25メートル、最大瞬間風速は35メートルで中心から北東側750キロ以内と南西側440キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いている。

 先島諸島では23日昼前から、沖縄本島地方では同日夕方から強い風が吹く恐れがある。八重山地方では24日は非常に強い風が吹き、落雷や竜巻などの激しい突風が吹く予想で、沖縄気象台は注意を呼び掛けている。

提供:台風11号の雲の様子(情報通信研究機構「ひまわりリアルタイムWeb」より)