【ソウル共同】北朝鮮の李容浩外相は23日、ポンペオ米国務長官が米紙のインタビューで北朝鮮が非核化をしなければ米国は強力な制裁を続けると述べたとし、これを「妄言だ」と批判する談話を発表した。談話は「対話にも対決にも全て準備ができている」としているが、北朝鮮は米国への批判を続けており、実務協議の再開は見通せない状況だ。

 朝鮮中央通信が伝えた。北朝鮮外相が米国務長官を名指しで非難する談話は異例。

 同通信によると、李氏はポンペオ氏に対し「こういう人と対座してどのような問題を解決できるのか、失望感だけが募るばかりだ」と指摘した。(共同通信)