沖縄タイムス+プラス プレミアム

那覇軍港の移設協議が進展か 浦添市長、北側案容認に柔軟姿勢 県と那覇の歩み寄り期待

2019年8月23日 19:00有料

 沖縄県の米軍那覇港湾施設(那覇軍港)の浦添埠頭への移設を巡り、松本哲治浦添市長が北側案(現行案)の受け入れを示唆した。2015年に市長当選時の公約を撤回し、軍港の受け入れを表明して以降、北側案に柔軟姿勢を示すのは初めて。

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

沖縄の米軍基地の集団感染 発端は米本土部隊から

報告書から異例の「辺野古」削除 海兵隊の沖縄への強いこだわり

「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。 

 
前の記事へ 次の記事へ
連載・コラム
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間