韓国政府は韓国最高裁の元徴用工訴訟判決で激化した日本との対立の中で、軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄を決めた。日本による通商分野の攻勢への対抗措置として安全保障分野のカードを切ったことで日韓関係はこれまでとは別の局面に入り、対立状況が固定化する可能性も出てきた。