子どもたちが幼いころのある元日の朝、近所の方が年明けの客は男がいいからと“長男を先頭にお年玉をもらいにおいで”と言ってくださった。だが長男は第3子、4歳も年上の長女は“何で、どうして”と抗議した。

スター/スクリーンガイド

 経済発展著しいムンバイで働く未亡人のラトナ。彼女の雇い主は高級マンションで暮らす新婚夫婦のはずだったが、婚約者の浮気で破断。ラトナは傷心の旦那様を気遣いながら身の回りの世話をする。今のインドでも農村部では特に、未亡人が再婚するのは極めて困難だという。そんな自国のとらわれたままの因習に異を唱え“身分違いの恋”を題材に、監督は“どんな女性も自分の生き方は自分で決めていいと”応援する。

 小さな因習に納得できないと泣いた娘を思い出し、ラトナのこれからを思案する。(スターシアターズ・榮慶子)

 ◇シネマパレットで上映