沖縄県うるま市与那城屋平の海の駅「あやはし館」周辺で17、18の両日、自然に親しむイベント「ハーティビレッジ×シーアート@アヤハシ2019」(主催・同実行委員会)が開かれた。市出身のバンドHYも参加し、約100人の来場者とビーチクリーンや楽器作りなど自然と親しむ催しを楽しんだほか、無料ライブも実施した。

(=写真)ビーチクリーンで砂浜周辺のごみを拾ったイベント参加者=17日、うるま市・海の駅あやはし館近く

 同イベントは、2008年から行っている「ハーティ活動」の一環。美しい自然を残し子どもたちに伝えたいとの思いからHYのメンバーが始めた。地域の魅力発信や自然環境への理解向上などを目的に市観光物産協会とHYが協力し開催している。

 参加者は砂浜周辺でごみ拾いをし、ワークショップでは空き缶や流木を利用した楽器を作り、メンバーとともに演奏を楽しんだ。ビーチクリーンに参加した平野琉星さん(7)=与那城小1年=と結月ちゃん(5)のきょうだいは「海が好きなのでいつもきれいにしたい。このあと思い切り泳ぎたい」と目を輝かせた。

 同協会の石川裕憲理事長は「HYのメンバーが積極的に地域のために尽力してくれてありがたい。今後も市内のさまざまな魅力を発信していきたい」と意気込んだ。