沖縄タイムス+プラス プレミアム

政府有識者会議、新基地「お墨付き」狙う 工事に反対の沖縄県をけん制か【深掘り】

2019年8月24日 14:00有料

 政府が名護市辺野古の新基地建設を巡る軟弱地盤の改良工事に向け、有識者会議を設置する方針を固めた。識者からの「お墨付き」を得ることで、工事に反対する県の主張をけん制する構えを見せる。(東京報道部・又吉俊充) 工事を進める上で、政府が政策実現に誘導する環境をつくり出そうとする動きはこれが初めてではない。

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

沖縄の米軍基地の集団感染 発端は米本土部隊から

報告書から異例の「辺野古」削除 海兵隊の沖縄への強いこだわり

「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。 

 
連載・コラム
きょうのお天気