政府が名護市辺野古の新基地建設を巡る軟弱地盤の改良工事に向け、有識者会議を設置する方針を固めた。識者からの「お墨付き」を得ることで、工事に反対する県の主張をけん制する構えを見せる。