沖縄銀行(那覇市、山城正保頭取)は23日、民間の資金やノウハウを活用した公共事業(PFI)として実施される、名護市豊原のみらい2号館のクーラーなど空調機器類の更新事業に融資したと発表した。PFIは不動産の整備や管理などを民間に任せるケースが一般的で、動産では全国初の事例という。