沖縄タイムス+プラス ニュース

「知事は承認の再撤回を」「現時点で検討せず」 県民投票の民意どう尊重、有識者の見方

2019年8月25日 14:49

 名護市辺野古の埋め立ての賛否を問う今年2月の県民投票から24日で半年。投票総数の7割以上が反対票を投じた結果について、住民投票に詳しい成蹊大学法科大学院の武田真一郎教授は「(公益性を理由に)再撤回の準備を進めるべきだ」と主張する。

前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間