「交通事故、振り込め詐欺を減らすため、安全安心貫くわれら」。警視庁唯一の戦隊ヒーロー「犯罪・事故減らスンジャー」の発足10周年を記念し、活動拠点としている向島署がテーマソングを制作した。詐欺被害防止に一役買った同庁音楽隊OBが作曲を手掛け、明るい曲調に乗せて奮闘する姿を歌う。

 警視庁向島署の田浦善之署長(左端)、藤崎凡元音楽隊長(右端)とポーズをとる「犯罪・事故減らスンジャー」(同署提供)

 減らスンジャーは2009年、犯罪撃退などを目的に結成。現在は駐在所勤務の50代の隊長と若手警察官4人が、特注のコスチュームに「防犯」と書かれたベルトを締め、各地のイベントで被害予防を呼び掛けている。テーマソングは登場時に使われるという。

 歌は同署のホームページで聴くことができる。(共同通信)