共同通信 ニュース

外務省、WTO経費を倍増要求へ 20年度、敗訴受け

2019年8月26日 18:22

 外務省は2020年度予算概算要求で、世界貿易機関(WTO)の関連経費を19年度当初予算の1億2千万円から2億5千万円に倍増させる方針を固めた。韓国による日本産水産物の輸入禁止措置を巡り、WTO上級委員会で敗訴した経緯を踏まえた。紛争への対応力を強化するとともに、WTO改革を主導する狙いがある。関係者が26日明らかにした。概算要求の総額は、19年度当初比約9%増の7939億円。

 WTO関連では、通商問題を扱う弁護士事務所から助言を受けるための委託費や専門知識を持つ職員の人件費として1億5千万円を計上。関連会合への参加経費は1億円とした。(共同通信)

前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
注目トピックス