【名護】名護署(津波彰署長)は26日、名護市立羽地中学校(田中隆史校長)の生徒が学校付近で倒れていた70代男性の人命救助に貢献したとして同校に感謝状を贈った。生徒たちは「ここまで大ごとになるなんて」と驚きつつ、救助できたことを喜んだ。

津波彰署長(手前右)から感謝状を贈られた生徒たち=26日、名護市立羽地中学校(山城正二通信員撮影)

 署などによると7月11日午前7時ごろ、ソフトテニス部の早朝練習中だった2年の小川美桜さん(14)、伊波桜愛(めいら)さん(13)が学校裏の路上で倒れている男性を発見。2人は運動場で駅伝の練習をしていた3年の津波辰弥さん(14)ら生徒約30人に報告した。

 生徒たちは教職員に報告したり、到着した救急車を積極的に誘導したり連携プレーで人命救助に貢献。男性は回復しているという。

 「けいれんしていたのでやばいと思った」という第一発見者の2人。津波さんは「また同じような場面に出くわしたら焦らずに対応したい」と話した。