沖縄タイムス+プラス ニュース

【解説】衆院選 辺野古反対の枠組み尊重、結束維持が鍵

2014年11月21日 10:04

 翁長雄志新知事を誕生させた「建白書勢力」が互いに対立候補を出さず、全選挙区に新基地建設反対の候補者を事実上擁立するという選挙協力を結んだ背景には、「保革一体」の枠組みを維持し、候補者の一本化で分裂を避け、国政選挙でも「辺野古反対」の県民の意思を示したい狙いがある。

前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気