沖縄タイムス+プラス ニュース

嘉手納基地の北側滑走路、運用再開 自衛隊1機が緊急着陸

2019年8月29日 10:58

 【中部】米軍は29日午前、嘉手納基地の2本の滑走路のうち、補修工事に伴い閉鎖していた北側滑走路の運用を再開した。午前9時57分には、航空自衛隊那覇基地所属のF15戦闘機1機が北側滑走路に緊急着陸した。同基地によると、通常訓練で午前8時21分に同基地を離陸後、着陸時に出す車輪を格納するドアが閉まらない不具合が生じたためという。乗員1人にけがはなく、原因はこれから調査する。

運用を再開した北側滑走路に緊急着陸した航空自衛隊那覇基地所属のF15戦闘機=29日午前10時11分、嘉手納基地

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

沖縄の米軍基地の集団感染 発端は米本土部隊から

報告書から異例の「辺野古」削除 海兵隊の沖縄への強いこだわり

「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。 

 
前の記事へ 次の記事へ
連載・コラム
きょうのお天気