フィギュア製作・販売の海洋堂(大阪府、宮脇修一代表)は30日、琉球銀行(沖縄県、川上康頭取)のイメージキャラクター「りゅうぎんロボ」ファミリーの6キャラクターのガレージキット(組み立て模型)をオンラインストアで発売する。インターネット限定販売で、計400体が売り切れ次第終了する。

海洋堂がオンラインストアで発売する「りゅうぎんロボ」のガレージキット

「りゅうぎんロボ」ファミリーの6キャラクターのガレージキット発売をPRする琉球銀行の伊禮真メディア戦略室長(左)とりゅうぎんロボ=29日、沖縄タイムス社

ガレージキット発売をPRする「りゅうぎんロボ」の手書きコメント文

海洋堂がオンラインストアで発売する「りゅうぎんロボ」のガレージキット 「りゅうぎんロボ」ファミリーの6キャラクターのガレージキット発売をPRする琉球銀行の伊禮真メディア戦略室長(左)とりゅうぎんロボ=29日、沖縄タイムス社 ガレージキット発売をPRする「りゅうぎんロボ」の手書きコメント文

 メインキャラクターの「りゅうぎんロボ」、父親の「キング☆リュウギーン」、母親の「アンマーロボ」、りゅうぎんロボの息子「ベイビーロボ」は2439円。りゅうぎんロボの兄で、長男の「グレート☆リュウギーン」と次男の「ソーラーロボ」は2939円となる。次男は大きさ10センチでそれ以外は6センチ。いずれも未塗装。

 2月に海洋堂が主催するフィギュアの祭典「ワンダーフェスティバル」にりゅうぎんロボを出展したところ、ガレージキットの企画が持ちあがり、製品化に取り組んだ。

 琉銀が版権やデザインを海洋堂に提供。原料代や制作費を除いた収益は子どもの貧困に関わる福祉団体に全額寄付する。29日、人間サイズに「変形」したりゅうぎんロボが沖縄タイムス社を訪れ、「そのままかざってもカッコイイでRよ!」と手書きのコメント文を掲げて発売をPRした。

 ファミリーは2002年に父親の「キング☆リュウギーン」がローンをPRするキャラクターとして誕生したのが始まり。12年にメインキャラクターの「りゅうぎんロボ」が登場し、14年には機動戦士ガンダムを手掛けたアニメーターが長男の「グレート☆リュウギーン」をデザインするなど新たなキャラが増えている。