沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB)は29日、那覇空港国際線ターミナルで外国客の出迎えと、出国を見送るセレモニーを開いた。到着ゲートの前ではOCVB職員やミス沖縄らが外国客へ記念品をプレゼンするなどし沖縄訪問を歓迎した。

那覇空港に到着した外国客へ記念品を手渡すミス沖縄と出迎えるOCVB職員ら=29日、那覇空港

 日韓関係の悪化に伴う韓国からの観光客減少の対策の一環として、今月1日に続き2回目の試み。今回のセレモニーには県ホテル組合や県ホテル旅館生活衛生同業組合、南風原町かすりの女王も参加した。また、美ら島財団からも美ら海水族館のポストカードの提供があり、韓国の航空各社から搭乗者へプレゼントされた。

 韓国からの誘客に向けてOCVBは、韓国での沖縄旅行商談会の開催や、韓国の観光関係者を沖縄に招いた視察ツアーの実施など対策を講じるとしている。

 OCVBの下地芳郎会長は「日韓関係が冷え込んでも沖縄を訪れる観光客を大切にしたい。また、両国の関係が改善した時に向けて沖縄の魅力を発信し続けることも重要だ。今は準備期間と捉えてできる対策を講じていきたい」と話した。

 韓国の30代男性は「友人に日本への旅行を止められたが、旅行と政治感情は別物だ。美ら海水族館や恩納村のきれいな海も良かったが、沖縄の人たちが親切だったのが印象的だった。会員制交流サイト(SNS)でも沖縄の良さを発信したい」と笑顔で帰路についた。