夫婦の愛の終わりを、14歳のまな息子が見つめたこのお話。男女間の関係性の微妙な変化が、彼らの一番近くにいる少年の目線で事細かに、赤裸々に描かれる。

ワイルドライフ

 最終的に、妻側が関係を続ける努力を辞める。なぜなら、夫が全然努力しないから。妻ジャネットを演じるキャリー・マリガンの、不満を押し殺した笑顔が素晴らしい。限界直前。でも愛しているから終わりにしたくない。ダメな夫だけど、彼も辛いんだから、私が我慢しなきゃ。私を愛しているなら変わってくれるはず。夫を信じ、辛抱強く寄り添う妻。愛の力を信じすぎている夫。

 自分の中の消えてしまいそうな愛の炎に、必死で薪をくべていた妻が、ある日その手を止めた。もう二度と燃えることはない。「愛だけではダメ」の意味が骨身に染みる1本。

                                                                                                        (桜坂劇場・下地久美子)

桜坂劇場で8月31日から上映予定