米軍普天間飛行場所属のCH53E大型輸送ヘリから窓が落下した事故について、専門家は「米軍機の整備体制に根本的な問題がある可能性がある」と提起。事故発生について周辺自治体への通報が遅れた点についても、通報時期について米側に裁量がある現状の課題を指摘した。