28日午前8時30分ごろ、沖縄県金武町金武の給食センターで火災が発生、消防車両が出動して同日午前9時ごろに鎮火した。けが人はいない。この影響で町内の幼稚園・小中学校などが給食約1400食の提供を停止していることが29日分かった。

 町教育委員会によると、揚げ物用の調理器具から出火し、窓ガラスや壁が破損した。消火剤や人の出入りによる衛生面の確保、ガス管や水道管の安全性の確認のため給食提供を停止した。児童らの給食は町の防災用非常食などで対応している。

 町は30日までの給食停止を決めており、9月からの給食提供は8月30日に町教委と学校長、区長らで検討する。