沖縄県豊見城市は30日午前、10月から始まる幼児教育・保育無償化に関する疑問や相談を受け付ける「幼保無償化情報センター・TOMIコ~ル」を開設した。無償化制度に関する専用コールセンターの開設は九州初。

専従スタッフ5人が電話を受け付ける豊見城市幼保無償化情報センター「TOMIコ~ル」=那覇市寄宮・NTT西日本那覇ビル

豊見城市幼保無償化情報センター「TOMIコ~ル」の開所式でテープカットする山川仁市長(左から2人目)ら=30日午前、那覇市寄宮・NTT西日本那覇ビル

専従スタッフ5人が電話を受け付ける豊見城市幼保無償化情報センター「TOMIコ~ル」=那覇市寄宮・NTT西日本那覇ビル 豊見城市幼保無償化情報センター「TOMIコ~ル」の開所式でテープカットする山川仁市長(左から2人目)ら=30日午前、那覇市寄宮・NTT西日本那覇ビル

 電話番号は098(987)0004。受付時間は月・火・木・金曜日午前9時~午後5時、水曜日はナイトデーで午前11時~午後7時。豊見城市民が対象となる。

 コールセンターは那覇市寄宮のNTT西日本那覇ビル内に設置し、専従のスタッフ5人が対応する。

 30日、同ビルで行われたテープカットで山川仁市長は「無償化制度は複雑で、利用者にどう行き届いた説明をするかを検討し、専用コールセンターの設置に踏み切った。NTTの協力を得て、制度の案内や相談の機会を提供し、保護者の不安を取り除いていきたい」とあいさつした。