沖縄県出身で、昨年9月に芸能界を引退した安室奈美恵さんの特大シートが30日、那覇市久茂地のタイムスビルに登場した。沖縄タイムス社と日本トランスオーシャン航空(JTA)が協力し、9月1日から20日まで那覇市内を中心に実施する「愛(かな)さ ♡ NAMIE いちまでぃん。」プロジェクトを広くPRする一環。

安室さんの特大シート。すべての貼り付け作業が完了=30日午後4時すぎ、那覇市・沖縄タイムスビル

10時からシートの貼り付けが始まった=30日午前11時間すぎ、那覇市・沖縄タイムスビル

特大シートの貼り付け作業が進み少しずつ姿が見えてきた=30日午後1時間すぎ、那覇市・沖縄タイムスビル

10時からシートの貼り付けが始まり全体が見えてきた=30日午後2時すぎ、那覇市・沖縄タイムスビル

安室さんの特大シート。すべての貼り付け作業が完了=30日午後4時すぎ、那覇市・沖縄タイムスビル
10時からシートの貼り付けが始まった=30日午前11時間すぎ、那覇市・沖縄タイムスビル
特大シートの貼り付け作業が進み少しずつ姿が見えてきた=30日午後1時間すぎ、那覇市・沖縄タイムスビル
10時からシートの貼り付けが始まり全体が見えてきた=30日午後2時すぎ、那覇市・沖縄タイムスビル

 久茂地交差点の国道58号に面した壁面に縦8メートル76センチ、横5メートル40センチのシートが貼られ、2017年9月に沖縄で開催された、25周年記念ライブ時の笑顔輝く安室さんがお目見え。通り掛かった人たちは驚きの表情を見せ、写真に収めていた。那覇市の自営業で40代の渡久山佳子さんは長男(24)がファン。「引退しても、影響力がすごい。やっぱりかわいい」と話した。

 安室さんが引退した9月16日には、宜野湾市で安室さんの楽曲と花火が共演する「WE ♥ NAMIE HANABI SHOW supported by セブン‐イレブン」が開かれる。「愛さプロジェクト」は、自身の引退後も沖縄に貢献するイベントの継続を望んでいた安室さんの意志を継ぎ、県内50社80店舗が参加して「9・16」を盛り上げるのが目的。20日間の期間中に各店舗を訪れると、安室さんの名を冠した食事やサービスが提供される。