日韓関係の悪化は、韓国プロ野球の三星(サムスン)ライオンズが秋季キャンプを中止する方針を固め、スポーツ経済の分野にまで波及した。沖縄と韓国を結ぶ国内航空会社ピーチ・アビエーションは、韓国客の需要減を見越し1月下旬から運休を決めるなど、影響は長期化する見通しだ。