図書館の利用者情報は個人の思想信条やプライバシーと密接な関わりを持つ。令状という裁判官のチェックを経ずに情報収集する捜査手法が分別なく拡大すれば、内心の自由や国民の知る権利が脅かされかねない。