全日本空輸(ANA)は9月3日、那覇空港に会員向けの新ラウンジ「ANA LOUNGE(約170席)」をリニューアルオープンする。新国立競技場の設計などを手掛ける隈研吾氏監修で、木材を基調に空間の落ち着きを重視した。

9月3日にオープンする「ANA LOUNGE」=30日、那覇空港

 広さが2・5倍になり、大人数で座れるシートや授乳室も備えた。ビジネスマンから家族連れまで、幅広い層が使用できる。

 改修したラウンジは「一期、一会」をコンセプトに、伝統美と先進性の融合を志向した設計。沖縄の焼き物や紅型をあしらった扇子が展示されている。スナック菓子やソフトドリンク、ビールなどのアルコールも提供する。

 ANA沖縄空港総務課の森島優子マネージャーは「ゆったりとした空間で、多くの人にくつろいでほしい」と話した。