タイムス×クロス 木村草太の憲法の新手

木村草太の憲法の新手(111) 映画「存在のない子供たち」 難民の過酷な生活描く 愛される権利 全ての人に

2019年9月1日 15:21

 今回は、この夏に日本でも公開された、映画「存在のない子供たち」(ナディーン・ラバキー監督 2018年・レバノン)を紹介したい。 映画は、主人公の男の子ゼインが、身柄を拘束され、年齢を確認されるところから始まる。

 
前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気