那覇市消防局は2日までに、那覇市内の商業施設で倒れた中国人観光客の命を救ったとして、韓国人の男性消防官2人に感謝状を贈ることを決めた。那覇市中央消防署の照屋雅浩署長は「的確な判断と勇気ある行動で尊い命を救った功績は大きい」と感謝状贈呈の理由を説明。贈呈をきっかけに、悪化する日韓関係の改善につながることを期待した。

(資料写真)救急車

◆心肺停止の中国人救う

 市消防局によると6月14日午後7時59分ごろ、市松尾のドン・キホーテ国際通り店で中国人男性(59)が突然、胸部の圧迫感を訴え、意識を失い心肺停止状態に陥った。その場に居合わせた韓国人消防官2人などが人命救助にあたったことで命を取り留めた。男性は6月21日に県内の医療機関を後遺症無く退院したという。

 2人の韓国人消防官は旅行で沖縄を訪れており、自動体外式除細動器(AED)を使用して早期の電気ショックなどを施し、男性の命を救った。2人はすでに帰国しているが、感謝状の受賞については了承しているという。

 那覇市消防局はその他、速やかな119番通報をしたとして愛知県在住の女性(27)にも感謝状を贈った。また、協力して救急隊を現場まで誘導したとしてドン・キホーテの従業員数人にも感謝状を贈る予定。