◆シュノーケリング中に

 2日午後3時ごろ、沖縄県八重瀬町具志頭の海岸で、シュノーケリングをしていた横浜市の会社員の男性(54)があおむけで浮いているのを、近くにいた釣り人が発見し110番通報した。男性は岸に引き上げられたが、その場で死亡が確認された。

(資料写真)沖縄の海

 糸満署によると、男性は友人と遊びに来ており、飲酒後に1人でシュノーケリングをしていたという。ライフジャケットは着ていなかった。

◆渡嘉敷島で女性死亡

 1日午前10時ごろ、沖縄県渡嘉敷村の渡嘉志久ビーチで、シュノーケルを使って泳いでいた横浜市の女性(57)=無職=が心肺停止の状態で浮いているのが見つかった。近くで泳いでいた遊泳者が発見した。

 監視員らが引き上げ、ドクターヘリで沖縄本島中部の病院に搬送されたが、2日午前4時6分に死亡が確認された。