沖縄タイムス+プラス プレミアム

下地議員ら維新議員団が訪韓 交流促進訴え 「民間交流の必要性確認」

2019年9月3日 18:57

 【東京】日韓関係が悪化する中、日本維新の会は下地幹郎衆院議員(沖縄総支部代表)ら4人が3日から韓国を訪れる。韓国の与野党国会議員や観光業界関係者らと意見交換する。良好な関係構築のメッセージを送ることが目的で、経済にも影響が出ている沖縄の立場を踏まえ、民間交流促進の必要性を確認したい考え。

前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間