食べ物だけじゃない

[鬼頭勇大ITmedia]

ローソンは8月29日から、「Uber Eats」を利用した商品配達サービスを開始する。

 今回のサービスは「実証実験」という位置付け。新しい取り組みとなることから、人員に比較的余裕のある都内4店舗で導入する。対象となるのは、「注目が多く見込めそうなエリア」(広報担当者)として期待する新宿エリアの新宿靖国通店、新宿若松町店、代々木八幡駅北店と、「オフィス街と住宅街が混在し、さまざまなニーズが期待できる」(同担当者)とする大崎エリアのゲートシティ大崎アトリウム店。9月末までには都内の直営店13店舗まで対象を拡大し、11月末まで実験を行う。反響次第では、実施店舗の拡大も検討する。

 オペレーションについては、それぞれの店舗でのピーク時間を外したり、注文数が多かった場合には待ち時間を長く設定したりすることで、負担を軽減する。


都内4店舗で実験開始(出所:Uber公式Webサイト)

 ローソンでは、同様の宅配サービス「ローソンフレッシュ」を過去に展開。物流費の高騰などを原因として18年にサービスを終了している。現在は、食材やレシピなどがセットになったミールキットを中心に、事前に注文した商品を店頭で受け取れる「ローソンフレッシュピック」のサービスを行っている。

 担当者によると、ローソンフレッシュでは、「買い物する時間を短縮し、料理はしっかり行いたい」というニーズを背景に、ミールキットが売れ筋だったという。一方、新たに提供するUber Eatsでは、主に食事と日用品のニーズを見込み、約100品目を対象にした。商品の価格は店頭と同じで、Uber Eatsの手数料が上乗せされる。

 現在、Uber Eatsでは食べ物の配達がメインだが、ローソンの参入により、日用品など他ジャンルの配達も普及する可能性がある。


100品目を取り扱い予定

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.