沖縄気象台によると、台風第13号は3日午後3時には沖縄の南の海上にあり、時速約15キロで北へ進んでいる。石垣島地方や宮古島地方には4日から5日かけ、暴風域を伴ってかなり接近する見込みで、猛烈な風や大雨、高潮などへの注意を呼び掛けている。また、台風14号も3日3時に、トンキン湾で発生。時速15キロの速さで、南西へ進んでおり、8日ごろには沖縄地方に影響を及ぼす恐れがある。
 
 宮古島地方は4日午後9時から5日夜にかけて暴風域に入り、5日正午から午後6時に最接近の見込み。最接近時には最大風速40メートル、最大瞬間風速は55メートルに達する見込み。

台風13号の針路予想図(気象庁HPより)

台風14号の針路予想図(気象庁HPより)

台風13号の針路予想図(気象庁HPより) 台風14号の針路予想図(気象庁HPより)

 石垣島地方は5日午前6時から正午の間に暴風域に入り、同時間に最接近する見込み。最接近時の最大風速は25メートル、最大瞬間風速35メートルを予想。与那国島での最接近も5日午前6時から正午で、最大風速20メートル、最大瞬間風速30メートルとなる見込み。針路によっては暴風域に入らない可能性もあり、今後の動きに注意が必要としている。
 
 沖縄本島地方の最接近は5日午後6時から翌6日0時で、最大風速23メートル、最大瞬間風速は35メートルを予想している。針路が予想より東寄りとなった場合に暴風域に入る可能性があり、動向に注意が必要としている。
 
 3日午後3時の13号の中心の気圧は990ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は30メートル、最大瞬間風速は40メートルで、中心から半径70キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっています。5日かけて発達しながら沖縄の南を北上し、7日にかけて東シナ海を北上する見込み。