台風13号は4日午前0時現在、石垣島の南にあり、発達しながら時速15キロで北へ進んでいる。沖縄気象台によると、先島諸島は5日未明から暴風となる見込みで、同日昼すぎから夕方にかけて最接近する。警報級の大雨も予想され、宮古島地方では暴風が24時間続く恐れがある。進路によっては沖縄本島地方も5日から6日にかけて暴風となる可能性がある。

4日午前0時現在の台風13号の進路予想図(気象庁HPから)

 台風の中心気圧は985ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は30メートル、最大瞬間風速は45メートル。中心から110キロ以内は25メートル以上の暴風域、半径東側310キロ以内と西側190キロ以内は風速15メートル以上の強風域。最接近する5日の最大瞬間風速は宮古島地方が30メートル、石垣島地方で35メートルの予想。5日午前0時までの24時間雨量は先島諸島で100~200ミリが見込まれる。

 宮古島地方は5日未明から明け方にかけて暴風域に入り、同日夜まで続く見込み。先島諸島は4日昼すぎから大しけとなる見通しで、気象台はうねりを伴った高波に警戒するよう注意を呼び掛けている。

 沖縄旅客船協会によると、台風の影響で3日、石垣島と波照間島を結ぶ2便が欠航した。空の便は4日、日本トランスオーシャン航空(JTA)と琉球エアーコミューター(RAC)、ジェットスターが那覇と宮古、石垣などを発着する計41便の欠航を決め、約3500人に影響が出る見込み。