沖縄労働局の福味恵局長は、2019年度の県内最低賃金を現行の時給762円から28円(3・7%)引き上げて790円に改正することを決定し、3日官報に公示した。改正額は10月3日から発効となる。